春日エリの写真館風俗の所沢 | 所沢deepデリヘルインダビュー

 

春日エリの写真館風俗の所沢

  • 投稿者 : xura545
  • 2014年7月8日 1:43 AM

いくつかは事務室で、一つは倉庫だった。そしてようやく、私室を発見した。木の床と白い壁の、質素な部屋だった。ツインサイズのベッドの枕(まくら)もとに素朴な十字架がかかっている。隅に小さなテーブルと椅子が二脚。反対側の壁際にもう一つ台があって、古いトースターとティーポットがのっている。ナイト・テーブルの上の派手なランプが場違いな感じだった。それ以上に所沢 風俗でもってそのランプ以外、取り立てて目を引くようなものは何もない。ごみもなければ、引き出しや箱といった収納家具もない。出ていこうとして後ろを向いたデリヘル店長の目をとらえたのは、ドアの脇(わき)の壁にかかる三つの額だった。一列に並んだ絵はどれもルネサンス期のものだった。デリヘル店長の知らない絵ばかりだが、様式はわかるー細密に描写された人物、動き、そして色。三枚とも、血まみれで苦しむ人が描かれている。よく見ると、それぞれの絵の下に文字があった。聖セバスチャンの殉教一四七五年、アントニオ・デル・ポライウォロ。媒(はりつけ)にされた聖セバスチャンがその体を矢で射抜かれている絵。聖エラスムスの殉教一六二九年、ニコラ・プッサン。鎖で拘束した男の内臓を引き出す人々と、その頭上を飛び交う天使たち。なぜ、寝室の壁にこんな作品を飾ろうと思うのか。デリヘル店長は最後の絵に目を移した。



この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。